• 業務内容紹介
  • 施工事例集
  • トクトク情報
  • お客様の声
施工事例集
  • メールはこちらへ
  • 所在地の案内
  • 住まいの基礎知識
  • リフォームの流れ
  • お役立ち情報

S様邸 white マンションリフォーム

キッチン・リビング









リモデル前

全体的に明るめの仕上げなのですが、いまいち薄暗い感じで良い印象はありません。

リモデル後

WHITEな空間のできあがりです。以前は薄暗かった部屋も明るい健康的な部屋にリフレッシュ!!
柱型などの出っ張り部分はタイルを張って普段は邪魔な部分を見せ場としています。
このタイルは調湿作用があり結露防止にも役立ちます。
玄関部は狭いですが、靴入れを使わない時はレールについているハンガーを起こせば洋服掛けとして使えるという狭くても使える機能的なものを採用しています。

バス・洗面所





リモデル前

昔流行った三点セットです。洗濯機もミニキッチンの横です。狭いからしょうがないといった感じです。

リモデル後

決して広くはありませんが、脱衣も可能な空間をとってあります。
洗濯機置き場・洗面所・UBと水廻りをまとめました。
コチラも全体的にWHITEな仕上がり!清潔感に溢れています!!
洗濯機板も芯に取り付けることで、賃貸ということもあり、床からのラック等が置けるように細かな配慮をしております。

トイレ



リモデル前

昔流行った三点セットですが、トイレとお風呂が一緒ということで清潔感がありません。

リモデル後

壁面収納を持った狭いながら清涼感あるトイレの完成です!!こちらもWHITE!!
壁面収納と手洗いの間にはツッパリ棚を取り付けることも可能です。
賃貸ながらの狭くても賢く収納術を使えるようにも考えています。トイレは狭い方が落ち着ける感じがします。

窓・玄関・外まわり





リモデル前

ワンルームの部屋の入口です。玄関扉が並んでいます。
ベランダの洗濯物干しは位置が低いので乾きにくそうです。

リモデル後

もともと玄関扉だった場所にサッシを入れることで、暗かった玄関側を明るい部屋にすることに成功!!
ベランダ側には以前よりも使い勝手の良い可動式の洗濯物干しを設置しました!
大容量の洗濯物にも対応可能です!!

自由空間







リモデル前

カビが生えたような跡のある玄関。結露が多い感じです。明かりとりがないので暗い。

リモデル後

玄関には高級感のある大理石調の石を貼りました。
狭いですが靴入れ手前には洋服掛け金物と鍵などを掛けられるフックをレールから吊っています。
洋服掛けは10kgまで対応可能!!使わらないときは写真のように収納しておけます。
玄関側にも調湿タイルを貼って、結露に対応!!
もう一つの玄関だった場所が明るい部屋に!!間接照明をつけたので寝室として使ってもよいのでは。

  • 図面

  • ※上の図面をクリックすると拡大版(PDF形式)でご覧いただけます。

リフォームのポイント

部屋を壊してみると以前もウレタンが吹いてはあったのですが、外に面する壁でもUBの裏は吹いていなかったりと、まばらな感じでした。外に面する壁には隙間なく充填をして健康な空間を提案しようとまず考えました。

賃貸ですから、なるべくお金をかけずに見た目を良くしながら結露をなるべく防ぐ手立てを考えました。
もともとPSだった場所が出っ張るのと柱型が部屋うちに出ているので部屋を狭苦しく見せていました。
そこで、逆にその出っ張りを利用してタイルを貼ることで部屋の見せ場とし、さらにサッシに近いので調湿作用もある素材ですから、一石二鳥かなと思い提案しました。

部屋は以前も壁は白かったのですが、なんか薄暗い感じがしたので思い切って、天井を上げて床もWHITEにして、狭くても広く見せる工夫をしました。

玄関は狭いのですが、機能的にするためレールを使った洋服掛けやフック、玄関から部屋が丸見えにならないように框上部天井にはワイヤーを通しカーテンを付けれるようにしてあります。

雨の日も洗濯物を干せるように窓側には天井に吊れる金物を設置。
以前はベランダの天井にエアコンの室外機があったのですが、部屋を暗くしているのと邪魔な感じがしたので床へ移動。部屋を明るくする一因となりました。
ベランダ側にも可動式の物干しを設置し、大容量の洗濯物を干せるスペースを確保しています。

以前は玄関扉であった場所は連窓にすることにより光を入れて今まで暗かった場所を明るくする提案をしております。
タペストリーガラスにすることで廊下側からの視界を気にしないで済むように配慮しています。

フレキシブルな部屋にしたいということでしたので、LDと洋室を三枚引き戸で区切っています。
オープンにしていればLDとして使えるし、閉めてしまえば部屋にすることも可能に。
これにより、狭いながらも住む人によって使い方がフレキシブルになります。

リモデル前のお施主様の悩み・ご要望

お悩みの原因

ワンルームの賃貸マンションが近隣に多すぎて部屋が埋まらない。新しい賃貸マンションも最近どんどん建ってきている。
ユニットバスも三点セットで昔の感じだし人気がない。お風呂、トイレを別にしたい。
結露がすごく玄関などのカビが気になる。薄暗い感じなので明るくしたい。
世帯やカップルが使えるようなフレキシブルな部屋にできないだろうか?

お施主様に提案した解決方法

ワンルーム二部屋を合体させてリフォーム。
カビの原因である結露を抑制する為、外に面する壁にはウレタンを吹付けてサッシはペアガラスに交換して窓近くには調湿素材を貼ることで結露の発生を抑えて健康な空間を提案。
以前は薄暗い感じの部屋を思い切ってWHITEにすることで明るくすることを提案。
狭くても2LDKにすることでフレキシブルな使い方ができるように提案。
一部屋を三枚引き戸で仕切れることがポイント。

リモデル後のお施主様の声

生活スタイルの変化

薄暗い部屋がずいぶん明るくモダンな空間に変わりました。
ワンルーム二部屋を2LDKにできたのでこれならフレキシブルな部屋となり色々なニーズに対応できる部屋となったと思います。
以前は不安でしょうがなかった部屋案内も、自信満々で部屋を案内できます。
キッチンに接するパネルはつぎはぎ無し等掃除しやすいようにして頂いたので汚れにくそうでお掃除も簡単そうです。
いつも頼んでいるお掃除屋さんでなくても自分でお掃除できそうです。笑。

リモデルしてスマイルになったこと

思い切って空間をWHITEにしたことにより以前より明るいモダンな空間になりました。
新しいから当たり前かもしれませんが、カビ臭さもなくなり、これから、どの様な人が借りてくれるかが楽しみです。
床材も水に強く傷にも強いものを提案して頂いたので以前は結露で傷んでいた床も、長く安心して使えそうです。
これなら入る人も健康になるかも。笑。