• 業務内容紹介
  • 施工事例集
  • トクトク情報
  • お客様の声
施工事例集
  • メールはこちらへ
  • 所在地の案内
  • 住まいの基礎知識
  • リフォームの流れ
  • お役立ち情報

O様邸 明るく迎え入れる場所へ マンションリフォーム

キッチン・リビング









リモデル前

それぞれが壁で仕切られた独立した空間でした。狭く暗い雰囲気です。

リモデル後

キッチン、LD、和室を一つの空間にすることで広い明るい部屋に変身!!
三枚引き戸で仕切ることも出来るので入居者のニーズに合わせてフレキシブルに使うことが可能に!!
景色が良いことがこんなに武器になる部屋はありません。

バス・洗面所





リモデル前

照明も薄暗く雰囲気が良くありません。

リモデル後

洗面化粧台は既存のものを再利用。側面にキッチンパネルを貼り汚れ対策をしました。
壁紙が剥がれたりという心配はもういりません。
お風呂は明るい色味で、少し広いものに取替。清潔感溢れる感じに!!

トイレ



リモデル前

タンクが大きく、水を多く使いそう。便器の形状も凸凹で掃除しにくそうです。

リモデル後

トイレは清掃性が良く節水タイプのものを選択。
配管もスッキリ!!見た目もバッチリ!!

窓・玄関・外まわり


  •  玄関

  •  玄関 長押


  •  玄関 収納


  •  洋室 窓

リモデル前

薄暗い玄関。窓枠は結露で傷んでいます。

リモデル後

玄関には鏡付収納を設置。カウンター上にはコンセントを設置して置くものの選択肢を増やしました。
玄関収納対面の壁には長押を設置。洋服や鍵等引っ掛けることができます。
窓枠はすべて新しく交換。サッシアングルに樹脂製見切りを付けて枠を直接結露で濡らさないように工夫しました。

自由空間


  •  廊下

  •  廊下

  •  納戸

  •  納戸

  •  納戸引き戸

  •  洋室 クローゼット

  •  洋室 物入れ

リモデル前

廊下もやはり薄暗いです。納戸の収納も扉があることでかえって使い勝手が悪そう。
洋室の物入れも納戸に収納を取られている分物足りない。

リモデル後

廊下も明るく大変身!!
納戸側の収納は思い切ってなくすことで棚を並べたり物を収納するのに使い勝手を良くしました。
入口は引き戸にすることで出入りし易くしました。物を置くのに扉自体も邪魔になりません。
納戸の収納をなくすことで洋室の収納を大容量に!!棚とハンガーパイプを付けて機能的に!!

  • 図面

  • ※上の図面をクリックすると拡大版(PDF形式)でご覧いただけます。

リフォームのポイント

6階建ての賃貸マンションの5階。玄関が北側。メインとなるLD、キッチン、和室が南側という配置です。
この部屋は玄関を入った時に暗い印象がありました。しかし、メインの南側に行くと崖線で前に遮るものが無く、景色が良いので何かもったいないと感じました。
まず、思ったのは昔ながらの各部屋の仕切りをとって一つの広い空間にした方がメインの部屋を明るくするのに良いと思いました。
引き戸で仕切れるようにすれば広くも使えて独立しても使えるフレキシブルな空間提案が可能です。あと、景色がいいのでやはりキッチンも外を見ながら作業できれば、気分も上がるに違いないと思ったので対面キッチンを提案しました。
これにより、空間に広がりができメインの場所は見違えるようになりました。対面キッチンの裏の壁にはコンセントも設置。コーヒーメーカー等を置けるスペースを確保。朝、コーヒーを飲みながら景色を眺めるというイメージが湧きました。
最初に伺った時、施主様は床のきしみと窓枠の痛みをとても気にされていました。
床はひどいきしみから根太組であることが想定できました。 予算も決められていたので組み換えも考えましたが、遮音タイプの置床を提案しました。そうすれば、床材の選択肢も増えると思ったからです。
窓枠に関しては、アルミサッシということでカバー工法等樹脂サッシに変えることも話しましたが、賃貸との割切りとローコストに答える為、結露を仕上材に付けさせない様にサッシのアングルに樹脂見切をまわすという工夫をする提案をしました。これにより、以前よりはサッシの結露で枠を傷めることも防げると思います。
玄関に入った時も明るく迎え入れてくれるような部屋であれば、住みたいと思って貰えると思います。
床、壁紙は明るいものを提案。廊下等狭い空間の照明もでっぱっている物からダウンライトですっきりしたものを提案。少しでも広く見せる工夫をしています。
玄関収納にも鏡のついている物を提案。出かける前に服装チェックできます。収納上にはコンセントを追加してオブジェや水槽なども置けるように工夫。収納の対面側の壁には洋服、鍵等のものを引っ掛けられるように長押を付けました。
以前の納戸は物入れがあったのですが、扉があることで納戸としての使い方に無駄を感じました。
そこで、思い切って納戸の物入れを無くし、入口を引き戸にすることで物の出し入れを楽にし、空間の機能化を図ることと、北、南の洋室の収納を広くすることを提案しました。
洗面所は既存の化粧台は再使用。側面の壁にキッチンで余ったキッチンパネルを貼り、清掃性を向上させました。 間取り自体はたいして変わっていませんが、明るく迎え入れる部屋へ変えられたのではないでしょうか。 間違いなく機能的な空間に変わりました。

リモデル前のお施主様の悩み・ご要望

お悩みの原因

築年数も経ってきたせいか廊下の床鳴りがすごいのと、窓枠の染みが汚い。
キッチンも冷蔵庫を置くスペースが小さい。
南側が崖線で邪魔がなものが無く景色がいい部屋なのに仕切りが多く部屋が暗いのでなんとかしたい。
賃貸物件なので、あまり予算は掛けずに明るく迎え入れてくれるような部屋にリフォームして欲しい。

お施主様に提案した解決方法

廊下は根太組だったので遮音タイプの置床を提案。
もともと、床、窓枠の色も濃いものを使っていたので明るい色を使うことを提案。
窓枠はアルミサッシの結露で濡れて乾いての繰り返しで傷んでいたので、結露を仕上げ材に付けない樹脂製の見切材をサッシアングルにまわして枠を濡らさないように提案。
キッチン、LD、和室とそれぞれ独立していた南側の暗い空間を繋いであげることで明るい空間を提案。

リモデル後のお施主様の声

生活スタイルの変化

せっかくの南側の部屋は、独立していた事で暗く狭い感じで、部屋を案内するときにおススメできるのは景色ぐらいでした。
一つにまとめることでこんなにも広くて明るい空間になるとは・・・。
以前和室だった部屋も段差なく三枚引き戸を閉めれば区切ることもでき、借りる人の使い方でいろいろと変化させることができるので、これも部屋案内での強い武器になりました。

リモデルしてスマイルになったこと

薄暗い部屋が明るく迎え入れてくれるような優しい雰囲気の空間に変わりました。
染みて傷んでいた汚らしい窓枠も明るい色で、しかも傷みにくい工夫をして頂いたので、前よりも長くこの状態を保つことができるか楽しみです。
この部屋の景色だけでなく、色々とおススメポイントが増えたことがなによりも嬉しいです。
工事後すぐ入居者も決まり、思い切って工事してよかったです。